こんにちは!アトリエマンタのムギです。 

アトリエマンタは逗子を拠点とし、30名の子供たちと造形教室をして沢山の作品を作ってきました。

近い将来に造形の本を出版したいと考えておりますが、まずはブログという形で絵の好きな造形な好きな子供たちに、製作のヒントを教えてあげられたらと思っています。 


今日は、『染め紙』をご紹介したいなと思います。

染め紙は、とてもモダンな作品ができますしダイナミックで楽しいので、とてもいい製作の一つですよね!





アトリエマンタではシュトックマーの透明水彩と、障子紙を使用しました。



こどもたちが100mlから200mlくらいのガラス瓶に原液を入れて水で薄めます。
良く溶かしましょう。


障子紙は予め濡らしておきましょう。

そこに水で溶いた透明水彩を大胆に筆で投げ飛ばしたり、
ペットボトルの蓋に穴を空けて振ったり(映像参照)
絵の具遊びをするような気持ちで彩色していきましょう。

お母さんはひやひやするとおもうので、下にはしっかりとビニールシート、新聞紙などで保護して
おくといいですよ!